シェフの紹介

美味しさへのこだわり

料理づくりはオーケストラ演奏と同じだと思うんです。
お客様が美味しいと感じてくださる笑顔を想像し、五線譜を描くようにメニュー構成を考えます。

まずは静かな感動と期待をしていただけるような前菜。次にしっかり時間をかけて作ったスープ。自ら生産農家へ行って厳選した有機農法野菜のサラダ。お酒が入り盛り上がってきたところで、今日はどんなメインがいいかなって。

創作作業は段取りとオーケストラメンバーである食材たちと、それを作ってくださる生産者の皆様。信頼できるフロアのメンバーとの連携、さらには食器や厨房機器たちがいるから出来ると思うんです。
だから仕事終わりには感謝の気持ちを込め、厨房をピッカピカに磨くんです。顔が映るくらいにピッカピカにね。すると無機質なステンレスとも心がつながったような気持ちになれるんですよ(笑)。

いろんなお客様が来てくださいます。直接的な言葉ではなくお客様との会話の中からそっと料理の本音の感想を聞き出します。
時に「やった」と心で微笑み、次にお越し下さった時には新しい感動を、そしてもっともっと感動を!
毎日精進、一生精進と思っています。

シェフ 波多野 勝敏

シェフ 波多野 勝敏
logo
tel
addressholidaynon-smoking
address
holidaynon-smoking
business-hourspagetoppagetop